重力と身体の参照枠

Clinical

重力と身体の参照枠

こんにちは、ひろかずです。

脳卒中後のケースは、自分の身体への気付きが乏しくなることがあります。

・麻痺した腕(足)の認識が乏しい

・車椅子から腕が落ちている

・フットレストに足を置いたまま立ち上がる

一度は経験があるかと思います。

 

なぜこのような現象が起こるのでしょうか?

 

重力と身体の参照枠の観点から、ポイントをおさえて考えていきます。

身体の参照枠と外部環境

無重力環境で、複雑な触覚刺激(文字と数字)の向きの知覚[1]から

 

外部環境の変化に対し、身体の参照枠は安定して保たれることがわかっています。

 

つまり、自己の身体への気付きの乏しさに、重力自体はそれほど影響ないと考えられます。

空間と身体の参照枠

空間に対して、垂直性を保持するためには、多重感覚(視覚・前庭・体性感覚)の知覚が必要となります。

 

脳卒中後のケースは、多重感覚に問題を呈しているケースが多いです。

 

発症からの期日が長くなると、次第に適応が起こってきます。

 

「まっすぐ立ってます」と言うケースも

姿勢を観察するとが非対称となっているケースも多いです。

 

明らかに曲がっている、非対称性があるというケースも本人にとって、その姿勢で垂直性を知覚しているわけです。

 

自己の身体の気付きの乏しさは、多重感覚の知覚から適応した結果である可能性があります。

身体をどのように知覚しているか?

ケースがどのように身体を知覚しているか考えてみましょう。

 

例えば、ケースに質問すると

「腕(足)が重たい」

「朝起きると身体の下になってる」

「動く感じがしない」

など、さまざまな表現をします。

 

ケースがどのように身体の知覚を表現するか、大切なポイントです。

 

あるいは、紙とペンを用意し「ヒトの絵を書いてください」と描いてもらう方法もあります。

 

過去に、麻痺側下肢が極端に細い、アンバランスなヒトを描くケースがいました。

 

ここから、「麻痺側下肢の知覚が乏しいのかな?」と想像したりしました。

 

また、複雑な触覚刺激(文字と数字)の向きの知覚の評価[1]から考えてみるのも良いかもしれません。

 

方法は、個々にあったものを選択し、経過を観察していくと一つの評価バッテリーとなります。

アプローチを考える

視覚・前庭・体性感覚に変化を与え、評価と治療を展開していくと良いかと思います。

 

視覚は、目線の高さ、注視・追視、閉眼など

 

前庭は、頚部運動(回旋・側屈・屈伸)など

 

体性感覚は、筋、ゴルジ腱器官など

 

個々のケースで、感覚の重み付けは異なるので効果的なアプローチを模索できると良いです。

まとめ

重力と身体参照枠について、脳卒中後ケースの評価からアプローチまで考えてみました。

 

臨床は筋書き通りいかない点も多いですが、個々の症例に向き合い「この現象、なんで?」と疑問を持つことが第一歩かと思います。

 

 

以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

References
  1. V. S. Gurfinkel, F. Lestienne, Yu. S. Levik & K. E. Popov .Egocentric references and human spatial orientation in microgravity.Experimental Brain Research.1993
タイトルとURLをコピーしました